日本では「ユーチューバーチップス」が発売。隣国でも韓国版ニコ動を凌ぐ人気のYouTube事情

Pocket
LINEで送る

「YouTube FanFest Korea 2018」のポスター
人気ユーチューバー(YouTuber)のオリジナルカード付きのお菓子「ユーチューバ―チップス」が発売されるという。日本におけるユーチューバーの人気ぶりを物語る一例ともいえるが、最近は韓国でもユーチューバーが人気だ。

韓国でも大物ユーチューバーが誕生

その人気ぶりを物語るのが、去る2月24~25日までの2日間、ソウルのオリンピック公園で開催された「YouTube FanFest Korea 2018」だ。

人気ユーチューバーとファンがオフラインで交流できるYouTubeの祭典。日本でも昨年12月17日に東京ビッグサイトで開催されたので、ご存知の方々も多いことだろう。

日本では“バブリーダンス”で注目を集めた大阪府立登美丘高校ダンス部やDAOKOなど、人気アーティストとユーチューバーらが出演したが、韓国のイベントにも大物ユーチューバーが参加している。

例えば、“デトソグァン”。日本語にすると「大図書館」というユニークなネーミングだが、彼は日本の人気グラドルである篠崎愛とYouTubeで共演し、一躍、有名になった。篠崎愛は韓国でも絶大な人気を誇るだけに、羨望を集めたのはいうまでもないだろう。

(参考記事:日本のグラビアアイドル篠崎愛が韓国で爆発的な人気を呼んでいる!!

このデトソグァンの例でもわかる通り、今や韓国でもYouTubeが人気動画サイトになっているわけだが、数年前まで韓国で動画サイトといえば「Afreeca(アフリカ)TV」や「POPKON TV」だった。

韓国版「ニコニコ動画」にも例えられる「Afreeca TV」は、キム・イブ、BJコッピン、BJエッジ、パク・ヒョンソら“BJ4大女神”というスターBJを生み出した。

(参考記事:【画像&動画】豊満BODYが揺れまくる!! 韓国版ニコ生の“女神”パク・ヒョンソ

金を稼ぐBJを生んだ“韓国版ニコ動”

BJとは「ブロードキャスト・ジョッキー」の略で、それこそユーチューバーと性格が近い。