いよいよ女子ゴルフ開幕。昨季「ミニスカ旋風」のアン・シネは今、何をしているのか

Pocket
LINEで送る

本日3月1日から行われる「ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント」で幕を開ける日本女子プロゴルフツアー。新シーズンの開幕には、韓国も注目している。

「2018日本ツアーの展望。JLPGAツアー、今年も期待が満開」(『ソウル経済』)、「韓国選手総出動…2018シーズン日本女子ゴルフ開幕戦の出場メンバーが発表」(『マニアリポート』)などと、韓国メディアも報じている。

前出のゴルフメディア『マニアリポート』によれば、開幕戦となるダイキンオーキッドレディスに出場する韓国人選手は、昨季と同じ13人。

注目の新顔としては、昨年の「サマンサタバサレディース」で日本デビュー戦にして初勝利を飾り、今季から日本ツアーに本格参戦する“たまごゴルファー”キム・ヘリムがいる。

昨季3勝をあげて賞金ランク4位に入ったキム・ハヌルや、昨季を1勝で終えたイ・ボミなどはファンも多く、そのスタートには注目が集まることだろう。

イ・ボミは韓国メディアの新年インタビューでは、「結婚も引退も考えない」などと今年のビジョンと目標を明かしていただけに、幸先の良いスタートを切れるか注目だ。

(参考記事:イ・ボミが始動。「結婚も引退も考えない」と韓国メディアに語った2018年のビジョン

開幕戦にアン・シネの名はなし

ただ、今大会の出場メンバーに、昨年日本を席巻した韓国人選手の名はない。アン・シネだ。