「メガネ先輩vs藤澤五月を映画にすべき」日本とは似て異なる“韓国のカーリング旋風”

Pocket
LINEで送る

平昌五輪で火がついた日本のカーリング人気。

日本カーリング史上初のメダル獲得を成し遂げた藤澤五月、吉田夕梨花、吉田知那美、鈴木夕湖、そして本橋麻里らロコ・ソラーレ北見のメンバーたちは連日、テレビのニュース番組や情報番組に引っ張りだこであるが、韓国でも空前のカーリング人気で沸いている。

メガネ先輩、アイドル並みの人気者に

準決勝で女子日本代表を下し、決勝でスウェーデンに敗れるも銀メダルに輝いた韓国女子代表のことは、平昌五輪が終わっても連日のように報じられている。

「価値ある銀を手にしたチーム・キム、あなたたちのおかげでオリンピックは幸せでした」(『スポーツ朝鮮』)、「聞いたことも見ることも知ることもなかったカーリング、平昌の主人公になった」(『スポーツ・トゥデイ』)といった具合だ。

(写真提供=SPORTS KOREA)“メガネ先輩”ことキム・ウンジョン
なかでもスキップのキム・ウンジョンは大人気。日本でも“メガネ先輩”の愛称ですっかり有名になったが、今や“アイドル級”の扱いだ。

その素顔がわかる過去写真が公開されているSNSにはファンが殺到しており、彼女がつけていた丸型メガネは普段よりも5倍以上売れているという。

(参考記事:メガネを外した“メガネ先輩”が超かわいい!! 韓国カーリング女子キム・ウンジョンのSNSがスゴい!!

人気ぶりを目の当たりにして、最近は大邱(テグ)市がキム・ウンジョンを“眼鏡広報大使”に任命したいという動きまである。

韓国のカー娘も広告業界で引っ張りだこ!?

大邱市は韓国の眼鏡フレーム製造業社の約84%が集まる“眼鏡タウン”で、キム・ウンジョンの故郷である義城(ウィソン)郡と同じ慶尚北道にあることから白羽の矢が立ったのだろうが、韓国のカーリンング娘にラブコールを送るのは大邱市や眼鏡業界だけではない。