「普段はメガネをかけないんです」韓国カー娘がメディアデーで明かした今の心境と素顔

Pocket
LINEで送る

【ニュース提供=スポーツ・ソウル】平昌五輪の閉幕後も忙しい韓国女子カーリング代表は、国民からの大きな関心に感謝していた。

キム・ミンジョン監督率いる女子カーリング代表は3月2日、慶尚北道・慶山市の慶北体育高校大講堂で開かれた五輪入賞記念メディアデーで、「多くの関心の中でここまで来ることができた」「2022年の北京五輪まで前進したい」と口をそろえた。

以下、一問一答。

――休む間もなく3月15日には世界選手権が開幕する。

キム・ミンジョン監督=世界選手権はオリンピック直後なので、選手たちに負担にならないように臨もうとしています。北京五輪まで4年。(平昌で)私たちが目指していた最も高い所に行けなかったので、すべての大会に挑戦者の姿勢で臨もうと考えています。

――サムスン・ライオンズのファンと聞いたが、始球式の提案が来た。

キム・ウンジョン=始球式は、私たちの間で以前からできたらいいなと思っていました。提案されて感謝しています。実際(マウンドに)立ったら、感慨深いのでは。チームとして注目されているので、始球式でもそれぞれポジションを決めたりできればいいですね。

キム・ヨンミ=始球式の提案を受けたことは、とても光栄に思います。ありがたいことです。始球式をカーリングのようにしてみようかという冗談も思い浮かびました。ただ以前、日本でカーリングのような始球式をして評判が悪かったと聞いています。他の方法を考えたいです。

――テレビや広告などの出演依頼が絶えないようだが。

キム・ミンジョン監督=私たちの本業はスポーツ選手。芸能やテレビ出演は目的ではありません。それでも私たちが関心をいただいた分は、お返ししないといけない。広告であるならば、社会的な公益性を持ったものをやりたい。10年間をともにしたチームなので、関心が高いのだと思います。チームのカラーを出せるテレビ番組であれば、出てみるのもいいかもしれません。

「普段はメガネをかけない」

――人気を実感したのはいつか。