「親日派の銅像は撤去せよ!!」韓国で定期的に起こる「日帝残滓」排除の動きとは?

Pocket
LINEで送る

韓国で、とある銅像に「撤去しろ!」という怒りの声が集まっている。

韓国の名門・高麗(コリョ)大学に設置された金性洙(キム・ソンス/1891~1955年)の銅像だ。金性洙は高麗大学の設立者であるため、同大学に彼の銅像があることは決しておかしいことではないだろう。

それなのになぜ、高麗大学の大学生たちは撤去を叫んでいるのか。それは、金性洙が“親日派”と判断されたからだ。

“親日派”と発覚して勲章も剥奪

実は2月13日、韓国政府は金性洙の建国功労勲章複章(現在の大統領章)を剥奪した。1962年に授与されたものなので、56年が経って取り消されたことになる。

韓国メディアによれば、関係者は剥奪の理由を「金性洙は独立運動によって勲章を受章したが、大法院(韓国の最高裁判所)が2017年4月に彼の親日行為を認定した。虚偽の功績で受けた勲章は、賞勲法に従って取り消される必要がある」と明かしたという。

高麗大学の総学生会は「民族を見捨てて戦争という残酷な行為に加担した罪は、そのどんな業績によっても晴れることはない」としながら、銅像の撤去を強く要求。高麗大学側は「まだ対応する考えはない」としているが、学生たちのみならず、今後は世論の声も高まっていきそうだ。

実際に関連ニュースを報じた記事には、「当然だ。国家と民族を売った人物の銅像を教育機関に置くなんて」「親日派が建てた学校自体が親日の象徴だ。廃校にしてしまえ」などなど、7500件ものコメントが書き込まれていた。

「スシ」など日本語も使わないように…

今回の問題は金性洙が親日派であることから広がったわけだが、つくづく思うのはこれも“イルチェチャンジェ”のひとつなのかということだ。