「藤澤五月ら“美しい日本のライバル”がアシストした」メガネ先輩らカーリングが1位に!!

Pocket
LINEで送る

(写真提供=SPORTS KOREA)
平昌五輪が閉幕して1週間が過ぎたが、韓国ではその余韻がまだ残っている。

各種メディアではさまざまな角度から大会を総括されているが、そんななかで興味深いデータが発表になった。韓国ギャラップ社が3月2日に発表した世論調査だ。

カーリングが各部門で1位に!!

韓国ギャロップ社が大会閉幕後の2月27日から28日の2日間にかけて、成人男女1008人を対象に実施した調査によると、韓国人が今回の平昌五輪で「最も興味深く見た種目」の1位に選ばれたのは、カーリングだったという。

調査は1人2種目まで自由に選べたそうたが、お家芸としてもともと人気があるスピードスケート(29%)やショートトラック(26%)を差し置いて堂々の1位。70%にも達したという。

日本同様に韓国でもカーリング人気が高まっていることは以前も紹介したが、その人気ぶりは世論調査でもはっきり表れたといえるだろう。

(参考記事:「メガネ先輩vs藤澤五月を映画にすべき」日本とは似て異なる“韓国のカーリング旋風”

「韓国代表選手で最も印象的だった選手は?」という設問でも、カーリング勢が人気だ。

SNSも開設した韓国カー娘たち

同じく1人が2選手まで自由に選べるこの設問では、“衣裳はだけ美女”で話題となったフィギュアスケート・アイスダンスのミン・ユラなども選ばれたが、主にメダリストが大半を占めた。