大ヒットの予感!! 日本の出版社が映画『リトル・フォレスト』韓国リメイク版を絶賛

Pocket
LINEで送る

(写真=韓国映画『リトル・フォレスト』ポスター)

【ニュース提供=スポーツ・ソウル】映画『リトル・フォレスト』の韓国リメイク版が、原作出版社である講談社から絶賛された。

原作となったのは、第38回日本漫画家協会賞優秀賞、第13回第13回文化庁メディア芸術祭漫画部門優秀賞を受賞して作品性と大衆性を備えた、五十嵐大介による漫画『リトル・フォレスト』(講談社)。

作家自身が実体験した東北地方での自給自足の生活をもとに描いた作品で、2014年には森淳一監督によって映画化され、日韓で好評を集めた。

今回の韓国リメイク版は、試験や恋愛、就職などにおいて何一つうまくいかず、田舎に戻ってきた主人公・へウォンが、友人のジェハ、ウンスクと共に四季を送りながら自分の生き方を見つけていくストーリー。