「ギャラクシーS9」が期待されるなか…“モバイル利用度”世界一の韓国で起きている弊害とは

Pocket
LINEで送る

サムスンがスマホの最新モデル「ギャラクシーS9」を発表するなか、“IT大国”を自称する韓国がとある調査で世界1位となった。

モバイル通信事業者の業界団体GSMAが今年の世界モバイル・エンゲージメント・インデックス(GMEI)を発表したのだが、韓国のモバイル利用度が世界一高いという結果が出たのだ。

GSMAは世界50カ国の満18歳以上の成人5万人を対象にモバイル利用度を調査しており、各国のモバイル利用度を発表している。その2018年版によると、10.0点満点中6.0点と評価された韓国が1位に。

続いて2位カタール(6.0点)、3位フィンランド(5.6点)、4位スウェーデン(5.4点)、5位オーストリア(5.3点)となっている。アメリカは10位(4.8点)、中国は18位(3.8点)、日本は20位(3.6点)という結果だ。

人気美女もモバイルゲーム市場に

利用度の高さからもわかるように、韓国におけるモバイルサービスは多様だ。

例えばモバイルゲーム市場が年々拡大しており、今やPCオンラインゲームとコンソールゲームを追い抜いたとされる。

その人気を証明するかのように、韓国企業マーケティング担当者が選ぶ“広告モデルにしたい美女”がモバイルゲームの広告に登場することも珍しくなくなった。

(写真提供=SPORTS KOREA)スジ
(参考記事:【画像あり】韓国企業マーケティング担当者が選ぶ“広告モデルにしたい美女”TOP5

実際に今回のGMEI調査の分野別ランキングでも、「アプリケーションのダウンロードと使用」で韓国は世界1位(78%)になっている。

ニュースを読むがフェイクニュースには弱い…

韓国はほかにも、「ニュースを読む」の分野で世界1位(89%)となっている。