アジア大会、ソン・フンミンがOA枠でU-23代表に招集確定。元“バルサデュオ”も可能性あり

Pocket
LINEで送る

U-23韓国代表キム・ハクボム監督
【ニュース提供=スポーツ・ソウル】ソン・フンミン(25・トッテナム)がU-23韓国代表にオーバーエイジ枠で招集されることが確実視される中で、イ・スンウ(20・ヴェローナ)とペク・スンホ(20・CFペララダ)にも門戸を開いた。

キム・ハクボム監督は3月5日、ソウルに位置するサッカー会館で記者会見を開き、「U-23代表チームは、キム・ハクボムのチームでもなく、ソン・フンミンのチームでもない。私たち皆のチームだ」と強調。

「個人ではなく、チームを最優先に置く」と公言した。

あらゆる可能性を開いてチームを作り、特定選手にチームの重心が傾くことを許さないということだ。

兵役問題を解決するラストチャンス

U-23韓国代表は、8月にジャカルタ・パレンバンで開かれるアジア大会まで、5ヵ月余りを残している。

同日、キム監督の代表チーム運営計画よりも大きな関心を集めたのは、ソン・フンミンが選出されるかどうかだった。

最近、プレミアリーグで最高のプレーを見せているソン・フンミンが兵役問題を解決できる最後のチャンスが、今回のアジア大会だからだ。

(参考記事:リオ五輪ピッチに泣き崩れたソン・フンミンの涙のワケと“最悪のシナリオ”)

キム監督は、「ソン・フンミンは、韓国とアジアを代表するすばらしい選手だ。アジア大会は、所属クラブが選手の代表招集に応じる義務がないため、チームを訪ねて事情を説明し、説得しなければならない」とし、こう続けた。