アジア大会、ソン・フンミンがOA枠でU-23代表に招集確定。元“バルサデュオ”も可能性あり

Pocket
LINEで送る

「アジア大会で使える3つのオーバーエイジ枠のうち1つをソン・フンミンに使う」

しかし、ソン・フンミンの招集がまだ決まっていないことを意識したように、「今はソン・フンミンを起用する計画にあるが、最後まで見極めなければならない」と、慎重な立場も同時に明らかにした。

ソン・フンミン
トッテナムと2020年まで契約しているソン・フンミンは、再契約交渉を進めているという。必要に応じて、契約書にアジア大会招集に関する条件を包めて再契約することもできる。

現時点では、トッテナムがソン・フンミンのアジア大会出場を認めても、ベスト8以降に送り出す可能性が高い。キム監督は、「ソン・フンミンがいるのといないのとでは、大きな差がある。遅れて合流したとしても、オフェンスは組織力がそこまで必要にはならない。個人の実力がより重要であるため、大きな問題にはならないだろう」と付け加えた。

元“バルサデュオ”の招集は?

バルセロナの下部組織「ラ・マシア」で成長したイ・スンウとペク・スンホを招集する可能性についても話された。