アジア大会、ソン・フンミンがOA枠でU-23代表に招集確定。元“バルサデュオ”も可能性あり

Pocket
LINEで送る

イ・スンウ

ペク・スンホ
キム監督は、「どのような年齢層の選手であれ、ドアは開かれている」と、二人を招集する可能性があることを示唆した。

(参考記事:日本の久保建英だけじゃない!! 韓国のイ・スンウとペク・スンホはなぜ、バルサの一員になれたのか)

さらに、キム監督は、「年齢差があるからといって、偏見を持たないだろう。19~23歳まで可能性を開き、選手たちをチェックするつもりだ」と明かした。

チームのカラーも示した。

キム監督は、「U-23代表チームは、A代表に至る最後の踏み台になり得る。私がすべきことは、今より一段階アップグレードさせてA代表チームに行けるようにすることだ。イ・ジェソン、チャン・ヒョンス、キム・ジンスなどがU-23代表で活躍してA代表チームの中心となったように、選手たちを育ててみるつもりだ」と話した。

また、「代表チームに来るほどの選手ならば、すべてを備えていなければならない。模範になることができる選手にならなければならない。代表は、一つ一つの動きまで人々の注目を集め得る」と、代表選手としての姿勢を強調した。

キム監督を補佐するコーチ陣には、キム・ウンジュン、イ・ミンソン、チャ・サングァンコーチが選ばれた。キム監督は、該当する年代の選手たちをよく知っているコーチ陣とともに、選手たちと積極的にコミュニケーションを図る計画だ。

(構成=李 仁守)