「W杯ベスト16も十分可能」「世論に関係なく選ぶ」韓国シン・テヨン監督が明かした腹積もり

Pocket
LINEで送る

韓国代表のシン・テヨン監督

W杯まで残り100日。「緊張はない」

【ニュース提供=スポーツ・ソウル】「ロシアW杯はベスト16以上が目標だ」

サッカー韓国代表のシン・テヨン監督は3月6日、欧州出張を終えて帰国した。

海外組選手たちの試合を確認してきたシン・テヨン監督はこの日、仁川国際空港で、ロシアW杯まで100日を残した時点でのメッセージを伝えた。

シン・テヨン監督の一問一答は以下の通り。

―ロシアW杯開幕まで100日となった。気分はどうか?

緊張していない。今まで準備してきたものを着実に活かしていくために欧州出張に行ってきた。残り100日だからといって、特別な意味はない。

―欧州組のコンディションをチェックしたのか?

今回はチ・ドンウォン、ク・ジャチョル、ファン・ヒチャンの3人を見てきた。

ファン・ヒチャンは悪くなかった。チ・ドンウォンは試合前、足首の筋肉に問題があり、試合前に注射を打ってプレーしたので、コンディションが良くなかった。

ク・ジャチョルも披露で体が重く見えた。それでも自らコンディションの管理をしっかりと行っていたからよかった。ファン・ヒチャンも、ゴールこそ決められなかったが、突っ込んでいく姿がよかったと評価したい。

関連記事:「韓国にH組を引き当ててほしかった…」日本のW杯組み分けに韓国メディアが嫉妬?

ベスト16進出のためには初戦が重要

―ソン・フンミンが活躍している。