暴行だけではなかった!? “韓国映画界の巨匠”キム・ギドク監督にエグすぎる性的暴行疑惑

Pocket
LINEで送る

【ニュース提供=スポーツ・ソウル】暴行疑惑で告訴されたキム・ギドク監督に、今度は性的暴行疑惑が浮上した。

6日に放送予定の時事番組『PD手帳』(MBC)は、「映画監督キム・キドク、巨匠の素顔」というタイトルでキム監督の性的暴行疑惑についての真相を探る。

彼に性的暴行を受けたという女性のインタビューが公開される予定だ。

これによって、キム監督の映画『メビウス』が再び注目を集めている。

昨年、同作に出演する予定だった女優Aさんが撮影現場でキム監督から暴力を振るわれ、俳優の性器を触らせるといった演技を強要されたとしてキム監督を告訴したのだ。

同事件に対し裁判所は1月17日、キム監督の暴力に関する容疑だけを認め、罰金刑下している。侮辱の疑いについては不起訴処分となった。

しかし、当時は法的に争えなかった隠された事件があったというAさんが『PD手帳』で裏話を暴露したという。