「韓国の圧勝じゃないか」と“上から目線”!? 韓国で東京五輪の関心が高まっている

Pocket
LINEで送る

(写真=S-KOREA編集部)
平昌五輪が閉幕して1週間が過ぎた韓国では、次のオリンピックとなる東京五輪に対する関心が高まっている。

そもそも平昌五輪の開幕期間にも、女子カーリングで名勝負を演じた日本の藤澤五月と、韓国の“メガネ先輩”ことキム・ウンジョンが何かと比較されていたが、現在は平昌五輪と東京五輪自体の比較が増えているようだ。

(参考記事:メガネを外した“メガネ先輩”が超かわいい!! 韓国カーリング女子キム・ウンジョンのSNSがスゴい!!

とはいえ今現在、注目を集めているのは具体的な競技や選手というよりも、もう少し表面的なことだ。

例えば、大会マスコットを挙げられる。

大会マスコットは「韓国の圧勝」!?

東京五輪の大会マスコットが発表された際、韓国メディアは一斉に報じていた。