ロシアW杯“死の組”でも韓国シン・テヨン監督がベスト16進出に自信を滲ませる理由

Pocket
LINEで送る

欧州出張を終え帰国したシン・テヨン監督
【ニュース提供=スポーツ・ソウル】サッカー韓国代表のシン・テヨン監督が、思っていたよりも高いところを見ている。

ロシアW杯開幕まで残り約100日。W杯のベースキャンプと事前キャンプ、欧州組選手たちのパフォーマンスを確認するため、欧州出張に行っていたシン・テヨン監督が、3月6日に帰国した。

シン・テヨン監督は韓国サッカー史上始めてアウェイのW杯でベスト16入りを果たした2010年の南アフリカ大会に続き、2度目のベスト16進出を確信している。

シン・テヨン監督は、「W杯ではベスト161以上が目標。選手たちのチャレンジ精神が作られれば、国民が願うベスト16進出も十分に実現できる」と、拳を握った。

ベスト16進出に自身を滲ませる理由

韓国は、ロシアW杯のグループリーグで、スウェーデン、メキシコ、ドイツと同じF組に入った。いずれも相手にすることは容易ではない。