「主人公をやりたきゃ私と…」素顔を暴露されたキム・ギドク監督と韓国映画界の残念な現状

Pocket
LINEで送る

(写真=MBC『PD手帳』キャプチャー)

【ニュース提供=スポーツ・ソウル】世界3大映画祭のカンヌ、ベルリン、ヴェネツィア国際映画祭で受賞した唯一の韓国人監督キム・ギドクの素顔は、衝撃そのものだった。

3月6日に放送された時事番組『PD手帳』(MBC)では、キム監督の作品に出演した3人の女優がセクハラや性的暴行の被害を、当時の具体的な状況説明とともに暴露し、視聴者を驚愕させた。

暴行だけではなかった!? “韓国映画界の巨匠”キム・ギドク監督に今度は性的暴行疑惑

キム監督の醜い素顔も問題だったが、より衝撃的で残念だったのは、実はそういったキム監督の言動を多くの映画関係者がすでに知っていたことだ。

番組によると、キム監督はソウル芸術大学の名誉教授として教壇に立った頃から、「主人公をやりたければ私と寝ればいい」と、おおっぴらに話していたという。

「話せば干されてしまう」

ホン・テファ全国映画産業労働組合事務局長も、番組の取材で「十分知られていたと思う。僕みたいな一般的なスタッフが知っていたくらいだから、重要スタッフのほとんどは知っていたはずだ」とコメント。