韓国女性がロールモデルにするミス・コリア出身の“美ボディ女神”ソン・ソフィとは?

Pocket
LINEで送る

近年、韓国では健康志向が高まり、韓国各地では数多くのフィットネス&ボディビル大会が開かれている。

ざっと調べてみると、今月だけでも『NICA KOREA ファーストチャンピオンシップ』(3月10日)や『ワールドスポーツ・トップモデルショーin KOREA』(3月15日)、『フィットネススター』(3月24日)、『KOREA ATHLETIC FITNESS FESTIVAL』(『3月31日』)などが予定されている。

こうした大会を目指して美ボディに磨きをかけている女性たちも増えているが、そのロールモデルとなっているのがソン・ソフィだ。

(参考記事:大胆水着写真も!!「アップルヒップ」を持つ”新鋭マッスル女帝”ソン・ソフィに視線集中!!

2015年の『ミス・コリア慶南』で「美」部門グランプリを受賞。2016年にラスベガスで行われた『マッスルマニア』世界大会でコマーシャルモデル部門4位に入り、昨年4月には『マッスルマニア』韓国大会でミズビキニ・トール部門1位に輝いている“マッスル美女”である。

韓国最大のボディビル&フィットネス大会である『マッスルマニア』は、“奇跡のDカップ女神ボディ”ユ・スンオクをはじめ数多くのスターを輩出してきたが、ソン・ソフィも同大会をきっかけにその名を知らしめた一人だ。

最近はテレビのバラエティ番組などにも出演しており、その注目度は彼女が自身のSNSを更新するだけでニュースになるほど高い。

そんなソン・ソフィに、ソウルで独占インタビューを行った。

今や“教材”となっている美ボディ

「現在はモデル活動やテレビ出演のほかに、トレーナーとしても活動しています。ピラティスなど、運動を教えることに興味があって、勉強中なんです。生徒を受け持って実際に指導もしていますし、メディアの取材を受けてトレーニング方法を教えることもありますよ」