藤澤五月よりも先に“メガネ先輩”がロボット掃除機を投げる? 広告依頼殺到の韓国メダリストたち

Pocket
LINEで送る

(写真提供=SPORTS KOREA)
特にカーリングのストーンとブラシがロボット掃除機やスティック型掃除機と形が似ていることから、韓国メディアの間では、多くの家電メーカーが彼女たちの起用に名乗りを挙げることが予想されていた。

現地の広告業界関係者も「家電メーカーでは、女子カーリング代表を広告モデルに起用することがマーケティングにおいて大きなプラスになるという意見が挙がっている。競合他社に奪われることを心配する声も多い」と、複数の韓国メディアに明かしていたほどだ。

その予想は的中し、大会直後からカーリング韓国女子代表に広告オファーが殺到。韓国メディア『スポーツ・ソウル』の報道によれば、その数は一日150件にも上るというが、そんな激しい競争の中で今回、LG電子が射止めたわけだ。

日本でも藤澤五月らロコ・ソラーレ北見のメンバーたちの広告出演の可能性が多くのメディアで取り上げられたが、まず先に韓国のカーリング女子代表がCM出演を決めた格好だ。

ちなみに藤澤に似ているとされる韓国の人気女優パク・ボヨンは、電化製品ショッピングモールである『ロッテ・ハイマート』の広告モデルを務めていたが、そのロッテ・ハイマートにもメガネ先輩らが出演する広告商品が販売されるというのだから面白い。

(参考記事:韓国で人気爆発!! カーリング藤澤五月に似ているとされる人気女優パク・ボヨンとは?

広告起用の多い五輪メダリスト

2015年にはリードのキム・ヨンミが『中央日報』のインタビューで「もしメダルを獲ったら掃除機の広告に出られるかな」と話していたが、実際にその夢が実現したのだから感慨深いところでもある。