「出て行く人が増え来る人は減っている」韓国の旅行収支が過去最悪の赤字に

Pocket
LINEで送る

韓国を訪れる外国人観光客がどんどん減っている。

韓国銀行が3月6日に発表した「2018年1月国際収支(暫定値)」を見ると、1月の旅行収支は21億6000万ドルの赤字。昨年7月の赤字(17億9000万ドル)を超える、過去最大の赤字となってしまった。

原因は、外国人観光客が韓国を訪れないことに尽きる。1月の「国内入国者数」は95万6000人となっており、韓国を訪れた外国人観光客は前年同月比で21.7%も減ってしまった。

訪韓する外国人観光客が減っているのは、やはり中国の影響が大きい。

昨年3月から始まった韓国への団体旅行を禁止する“禁韓令”は、昨年11月末に一部解除されたものの、未だに中国人観光客が韓国に戻っていないのだ。1月に訪韓した中国人観光客は30万5000人で、昨年1月より46%も減っている。

中国人「韓国旅行はもう二度とごめんだ!!」

ただ、それも当然かもしれない。
【続きを読む】