「出て行く人が増え来る人は減っている」韓国の旅行収支が過去最悪の赤字に

Pocket
LINEで送る

というのも中国人観光客のなかには、禁韓令以前から「韓国旅行はもう二度とごめんだ!!」と嘆いていた人が少なくなかったからだ。

(参考記事:「もう二度とごめんだ!!」 中国人観光客が韓国にガッカリする理由とは

韓国のインバウンド事業は中国人観光客にかかっているといっても過言ではないだけに、彼らが戻ってこないとなると、今後も旅行収支の赤字は続いてしまうと考えられている。

中国人だけでなく、ヨーロッパからの観光客も1.4%減少。それでもアメリカ人は7.9%、日本人は4.7%と増加している。

それだけに、中国の団体観光客に比重を置くのではなく、「他の国の人たちも韓国に来て楽しめる観光商品を開発しなければならない」という専門家の指摘も尽きない。

とはいえ、韓国には訪韓外国人観光客のリピート率が低いという問題もある。

例えば以前『聨合ニュース』が伝えたところによると、2016年に日本を訪問した外国人観光客は2403万9053人で、訪韓外国人観光客は1724万1823人だった。

どちらも多くの外国人が訪れていることがわかるが、リピート率には大きな差があった。日本はリピート率61.6%だったのに対し、韓国は38.6%だったのだ。

(参考記事:「もう二度とごめんだ!!」日韓を訪れた外国人観光客の“リピート率”に大きな差が出たワケ

遅れる飛行機、女性観光客にとって危ない国

さらに、韓国にはインフラや治安などでも不安を抱えている。