なぜトッテナムのポチェッティーノ監督は、ソン・フンミンをワントップで起用したのか

Pocket
LINEで送る

ソン・フンミン
【ニュース提供=スポーツ・ソウル】ハリー・ケインが怪我で戦線離脱すると、トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、ソン・フンミンをワントップで起用した。

一般的には、選手が怪我をした場合、監督は同じポジションの代わりの選手を投入する。時間がないならなおさらだ。準備した戦術を遂行する選手が必要だからだ。

3月12日(韓国時間)ボーンマスのバイタリティ・スタジアムで行われたボーンマスとの2017~2018イングランド・プレミアリーグ第30節でポチェッティーノ監督は、異なる選択をした。

ケインと同じポジションであるフェルナンド・ジョレンテを起用する代わりに、サイドにいたソン・フンミンにワントップの役割を任せた。

ソン・フンミンは、正統派ストライカーではない。フィジカルコンタクトが得意なわけでもなく、制空権争いでもケインやジョレンテに劣る。

その代わりにポチェッティーノ監督は、ソン・フンミンの他の能力を信じて役割を与えた。

ソン・フンミンは以前に、トッテナムでワントップを務めたことがある。ケインが怪我で席を空けたとき、最前線で役割を果たした。ポチェっティーノ監督は、ソン・フンミンの能力を知っている。

遅攻・速攻のどちらも輝いた

期待通り、ソン・フンミンはワントップの役割を見事に果たした。