「ソン・フンミンが心配」ロシアW杯に向けて韓国シン・テヨン監督を悩ませているものとは

Pocket
LINEで送る

ソン・フンミン(左)とシン・テヨン監督
【ニュース提供=スポーツ・ソウル】「選手が一年中活躍することはできない」

サッカー韓国代表のシン・テヨン監督は3月12日、ソウル鍾路(チョンノ)区のサッカー会館で、代表選手リスト発表及び記者会見を行った。

この日、シン・テヨン監督、「今回のAマッチ期間が最後の親善試合となる。23人の中に選ばれた選手が100%と見ることはできない。しかし、所属チームで熱心にプレーしている選手と、チェックしなければならない選手を選んだ。スウェーデン、メキシコ、ドイツと戦えると見込んで選んだ選手たちだ」と話した。

韓国代表の中心選手であるFWのソン・フンミンは同日、所属チームの試合で2得点を挙げるなど、4試合連続ゴールを決め、最高のコンディションを見せている。

シン・テヨン監督は、「ソン・フンミンに、今のような姿をW杯でも見せてもらいたい。しかし、W杯のとき、コンディションが落ちることもあり得るため、心配だ。ソン・フンミンがどのポジションでも良いパフォーマンスを見せているのはいいが、選手が一年中同じパフォーマンスを見せることは難しい。代表チームでのキム・シヌク、ファン・ヒチャンとのコンビネーションについては、19日に召集した後に考えなければならないようだ」と明かした。

(関連記事:「イブラヒモビッチがスウェーデン代表を崩壊させる」W杯同組の韓国シン・テヨン監督が分析

ディフェンスラインを全北で固めた理由

以下はシン・テヨン監督の一問一答。