日本を感動させた『いまあい』も韓国で再解釈。日本映画の韓国リメイクは成功しているのか

Pocket
LINEで送る

かつて日本で大ヒットした映画が韓国で蘇る。

映画のタイトルは『いま、会いにゆきます』。市川拓司の同名小説を原作に日本では2004年に公開され、興行収入48億円を記録した恋愛映画の名作だ。

その名作が韓国でリメイクされ、3月14日から韓国でロードショーとなった。

(写真=S-KOREA編集部)韓国版『いま、会いにゆきます』
日本版では竹内結子と中村獅童が主演を務めたが、韓国ではヒロインにソン・イェジン、妻に先立たれた夫役をソ・ジソブが演じている。

ソン・イェジンは、『永遠の片想い』『ラブストーリー』『私の頭の中の消しゴム』などでヒロインを務め、韓国では美女・美少女スターの証でもある“国民の初恋”にも選ばれたことがある恋愛映画のアイコンだ。

日本映画のリメイク版には一株の不安

ソ・ジソブは日本でもいわずと知れた韓流スター。2人の共演は17年ぶりということもあってヒットも期待されているが、個人的に一抹の不安がある。