【独占】“メガネ先輩”キム・ウンジョンが日韓戦と「メガネ秘話」と結婚を語る

Pocket
LINEで送る

『スポーツ・ソウル』の独占インタビューに応じたキム・ウンジョン
【ニュース提供=スポーツ・ソウル】女子カーリング韓国のスキップを務めるキム・ウンジョンは、平昌五輪を輝かせた最高のスターの一人だ。

2月25日に大会が成功裏に幕を下ろしてから半月あまりが過ぎたが、依然としてキム・ウンジョンは、体が10個あっても足りないほど、忙しいスケジュールをこなしている。

キム・ウンジョンは、競技のときに丸い黒縁眼鏡をかけ、鋭い目つきで冷静な判断を下し、繊細な投球と恐ろしい集中力、チームを一心同体のようにまとめるリーダーシップを発揮し、“メガネ先輩”という愛称で呼ばれた。

競技場の外では、“天上の女子”に変身して、人々から大きな愛を受けた。国民的な人気を実感させるように、各種テレビ番組や広告、イベントのオファーが絶えない。

キム・ウンジョンの価値は3月9日、平昌オリンピックスタジアムで開かれた平昌パラリンピックの開会式でも示された。

車いすカーリング代表のスキップを務めるソ・スンソクとともに聖火の最終点火者として登場。最高のスター選手たちのものであると思い込んでいた聖火台の前に自分が立つことになるとは、夢にも思わなかった。

『スポーツ・ソウル』が1万号の発刊を控えてキム・ウンジョンと会ったのは、パラリンピック開会式を一週間後に控えた3月2日だった。

この日、慶北体育高校でメディアデーと地域団体とのミーティングで忙しい一日を送ったキム・ウンジョンは、午後6時が過ぎてから慶北体育会の近くにあるカフェに現れ、インタビューに応じた。

メガネを外して1万号記念ケーキの前で明るく笑ったキム・ウンジョンと、平昌五輪の裏話をはじめ、スキップとしての人生、第2の人生などをテーマに、虚心坦懐に話した。

日本戦のうれし涙を思い出し…

すでに伝えられている通り、キム・ウンジョンをはじめ女子代表“チーム・キム”の選手たちは、平昌五輪期間、自主的に携帯電話を使わなかった。世間と断絶し、ひたすらストーンにだけ集中するためだった。