ここ5年で2ケタの暴落…国連の「幸福度ランキング」で浮き彫りになってしまった韓国の深刻さ

Pocket
LINEで送る

国連の関連機関がまとめる「世界幸福度報告書」の2018年版が公表された。

世界156カ国を対象にした調査で、世界で最も幸福度の高い国はフィンランドだった。10点満点中、7.632点だ。

上位を見てみると、2位ノルウェー(7.594)、3位デンマーク(7.555)、4位アイスランド(7.495)、5位スイス(7.487)、6位オランダ(7.441)、7位カナダ(7.328)、8位ニュージーランド(7.324)、9位スウェーデン(7.314)、10位オーストラリア(7.272)となっており、北欧諸国の幸福度が高いことがわかる。

その他、ドイツ(6.965)は15位、アメリカ(6.886)は18位、イギリス(6.814)は19位となっており、アジアでは台湾(6.441)が26位で最も高かった。

ランキング急落の韓国、「再び生まれたくない」

日本(5.915)は、前年よりランキングを3つ下げた54位。韓国(5.875)は、それよりもさらに低い57位だった。