日本初登場!「美しすぎる声優」にして“コスプレ女神”ソ・ユリとは?

Pocket
LINEで送る

(写真提供=Dmost Entertainment)ソ・ユリ
日本では近年、声優のタレント化が加速しているといわれている。

水樹奈々は今や紅白歌合戦には欠かせない“声優アーティスト”であるし、宮野真守などアイドル級の人気を誇るスターも出現した。かつて声でしか認知されなかった彼ら彼女たちが“見える存在”になっている。

だが、韓国では未だに「声優=裏方の仕事」という認識が強い。声に聞き覚えがあっても、顔はもちろん、名前も知られてない“声優”たちが実に多いのだ。

韓国のオタクたちが“女神”と呼ぶ存在

そんな韓国において、声優タレントとして広く知られているのが美女声優ソ・ユリだ。バラエティ番組やドラマにも“顔出し”出演して注目されている。

(参考記事:韓国ゲームマニアたちから“女神”と呼ばれる“美しき声優タレント”ソ・ユリとは?

その多彩な活躍ぶりから“マルチ声優”の先駆者ともいわれている。“オドック”と呼ばれる韓国のサブカルチャー好きからは熱烈な支持も得ている。

そんな彼女の目に韓国の声優事情やサブカル事情がどう映るのかを知りたくて、ソウル市内でインタビューを実施。開口一番に飛び出したのは、意外な言葉だった。

ドラえもんがデビュー作だった“コスプレ女王”

「私の声優デビューは『ドラえもん』のスネ夫のママ役だったんです」