韓国国民3万6000人が大反対の中、日本の有名セクシー女優トリオがK-POPの世界へ!!

Pocket
LINEで送る

ショウケースはもちろん、彼女たちがその席で発表したミニアルバムの制作費用のすべてを、メンバー全員で負担しているというのだ。

そのショウケースで「私たちの活動についていろいろな意見があることは知っていますが、私としては(韓国での歌手活動を)どうしてもやりたく、夢を叶えたかったのです」と語ったのは、グループのリーダーである三上悠亜だという。

(参考記事:韓国でも大人気のAV女優・三上悠亜。2018年の目標はK-POPアイドルデビュー!?

彼女は元SKE48で韓国では「K-POP好きの日本AV女優」として認知されてきたが、「私は日本でAV女優として活動しましたが、その仕事も真剣に取り組んできた仕事です。今はHONEY POPCORNの仕事に集中したい」というニュアンスのことも語ったという。

ショウケースを取材した韓国スポーツ新聞記者によると、彼女たちの歌とダンスのコンセプトは「溌剌とした妖精」で、扇動的であったり、セクシーさを強調するようなこともなかったらしい。

「昨今、韓国のK-POPアイドルたちは過激なほどにセクシー路線になっているが、それとはまったく真逆の印象だった」という。

(参考記事:もはや度を超えている!! 韓国女性アイドルがますますセクシー路線に走っていくワケ

つまり、HONEY POPCORNのメンバーたちはセクシーさを売りにすることも、性を商品化することもなく歌手として正面からK-POP界で勝負しようとしているわけだが、韓国国内で音楽活動を本格化させるのは難しいのではないかという意見が多い。