世界初の「少子化税」検討まで飛び出すほど深刻な韓国の少子化問題を考える

Pocket
LINEで送る

韓国が世界初となる「少子化税」を検討しているという。

韓国最大発行部数を誇る一般紙『朝鮮日報』が3月16日に報じ、日本でもいくつかのメディアで報じられたので、ご存知の方もいるだろう。報道に触れて、「思い切った政策だな」と感じた人もいるかもしれない。

「地球上で真っ先に消え去る国」との指摘も

そもそも韓国の少子化問題は深刻で、合計特殊出世率は昨年、過去最低の1.05人にまで落ちた。

日本も少子化問題が叫ばれているが、合計特殊出世率は1.44人(2016年、厚生労働省)。この数字だけ見ても、韓国の少子化問題の深刻さがわかるだろう。

事実、韓国は数年のうちに“人口絶壁”を迎えるとされており、オックスフォード人口問題研究所が「地球上で真っ先に消え去る国は韓国」と指摘したこともあるほどだ。

(参考記事:「地球上で真っ先に消え去る国は韓国」…3年後に迎える“人口絶壁”の原因は

もちろん、韓国が何ら対策を取っていなかったわけではない。

『朝鮮日報』が報じたように、韓国政府は「この12年間に126兆ウォン(約12兆6000億円)をつぎ込み」問題解決を図った。それでも「少子化問題を解決できなかった」と批判されているのだ。

「少子化税」に否定的な韓国人、なぜ?

それだけに世界初となる「少子化税」という話まで出ているというわけだが、この報道に触れた韓国人の反応はどうか。