頓挫したPSYの平壌行き。北朝鮮の難色のせい? 『江南スタイル』の苦いトラウマのせい?

Pocket
LINEで送る

4月に開かれる南北首脳会談を前に、3月31日から4月3日まで、平壌でK-POPスターがコンサートを行う。

「春が来る」と題された公演には、韓国で“歌王”と呼ばれる国民的歌手チョ・ヨンピルや人気ガールズグループRed Velvet、少女時代のソヒョンら11組の出演が確定。公演には韓国から160人が参加するという。

とりわけ韓国アーティスト平壌公演のガールズグループ参加は15年ぶりとなるだけに、人気絶頂の中にあるRed Velvetのパフォーマンスと北朝鮮の人々の反応は楽しみなところだ。

(参考記事:昨年の活躍が目覚ましかったRed Velvet。思わずうっとりする新年一発目のグラビアに注目!

3月28日には出演者たちの合同リハーサルが行われる予定だが、実は大物K-POPアーティストの合流も取り沙汰されていた。『江南(カンナム)スタイル』で知られるPSY(サイ)だ。

(写真提供=SPORTS KOREA)PSY(サイ)
「芸術団の平壌公演の輪郭…PSY合流も協議中」(『聯合ニュースTV』)、「PSY、平壌公演への合流推進…北で“乗馬ダンス”を見られるか」(『スポーツ・ソウル』)、「PSYの平壌公演が論議…北韓にも『江南スタイル』の風が吹くか」(『イルガン・スポーツ』)など、複数の韓国メディアが報じていた。

韓国の報道によれば、韓国政府がPSYの参加を推したが、北朝鮮の三池淵(サムジヨン)管弦楽団の玄松月(ヒョン・ソンウォル)団長が「PSYの型破りな歌詞とダンスは北朝鮮住民の情緒と合わない」との理由で難色を示していたという。

結果的には本日、韓国文化体育観光部のファン・ソンウン報道官がPSYの不参加を発表。「当初はPSYが一緒に参加することも考えたが、今後もっと良い機会があると期待している」とコメントしたが、それにしてもなぜ今回、PSYに白羽の矢が立ったのか。

「Do you know PSY?」で物議

そもそもPSYは、2001年にアルバム『鳥』でデビュー。