ウェブ漫画の公募展『WWCC2018』関係者に聞いた“日韓コラボ”の可能性

Pocket
LINEで送る

以前に紹介した『第1回 ワールドワイド ウェブトゥーン&コミック コンテスト』(Worldwide Webtoon & Comics Contest 2018)のことを覚えているだろうか。

アスミック・エース株式会社や韓国の大手映画配給会社SHOWBOX、韓国の電子コミックス製作会社のストーリーカンパ二―など日韓4社が共同主催したウェブ漫画の公募イベント『WWCC2018』のことだ。

韓国ではウェブ漫画のことを「ウェブトゥーン」(Web+cartoon)と呼び、その利用ユーザー数が約1000万人、市場規模は2020年で1兆ウォンに達すると予測されるなど、成長著しいコンテンツ・ビジネスとして注目されている。

そのウェブトゥーンの公募が日韓両国で行われると聞いてからというもの、その応募状況が気になって仕方なかった。

というのも、日本ではまだまだ定着していないが、ウェブトゥーン市場は潜在力のあるコンテンツなのだ。その新規コンテンツの公募が、日韓で同時に行われているというだけに興味があった。

(参考記事:日本の漫画とは違う…!? ここ数年で急成長した韓国ウェブトゥーン業界の事情

(写真=著者撮影)イ・ソンウク代表
「私たちも韓国と日本からどんな作家たちが応募してくれるか、興味津々でした」

公募展主催者が語るウェブトゥーンの未来

そう語ったのは、公募展主催者のひとつであるストーリーカンパニー社のイ・ソンウク代表だ。