韓国NO.1チアリーダーの「触りたくなる太もも」。パク・キリャンの最新グラビアが公開

Pocket
LINEで送る

「チアリーダーたちが責任感を感じてこのお仕事ができるような安定的な構造が作られ、チアリーダーたちも正規雇用になり、福祉や処遇がもっとよくなればいいですね。どこに行って何をしても、チアリーダーの代表として臨むつもりです。責任を本当に重く感じています」

個人的な目標については、「私自身もっと成長して、発展したいです。今年はチアリーダーのパク・キリャンのことを知らせる機会をもっと作り、様々な活動にチャレンジするつもりです」と語った。

パク・キリャンのより詳しいインタビューは、『COSMOPOLITAN』2018年4月号とウェブサイトで見られる。

(文=S-KOREA編集部)