現役女子大生なのに“マッスル美女”。イ・フィジンの「しなやか美ボディ」がスゴい

Pocket
LINEで送る

(写真提供=SPOMAX/MUSCLE MANIA KOREA)イ・フィジン
【前回】現役女子大生はなぜ“美ボディ”に目覚めたのか。韓国フィットネス界の新女神イ・フィジンとは?

マッスルブームが高まる韓国で、“フィットネス界のビーナス”と呼ばれる現役女子大生がいる。イ・フィジンがその人だ。

彼女の名を知らしめたきっかけは、昨年9月に行われた韓国最大のフィットネス&ボディビル大会『マッスルマニア』でフィットネス部門1位、コマーシャルモデル部門1位に輝いたことだった。

(参考記事:写真18連発!!韓国“美ボディ女神”の祭典をプレイバック!!

そんな彼女の美ボディは、どのようにして作られているのか。そう質問すると、イ・フィジンは自身の身体の部位を指さしながら、こう教えてくれた。

「ヒップラインが最高!!」の評価

「肩やヒップのトレーニングに力を入れていますね。大学で現代舞踊を専攻していることもあって、私のボディラインはステージに上がると細く見えてしまうんです。だから、シルエットを少しでも大きく見せるために肩の運動を重視していますし、ヒップを鍛えてボリューム感を出しています」

実際、イ・フィジンはヒップの美しさが高く評価されている。

フィットネス専門誌『MAXQ』でモデルを務めた“ラスベガス・グラビア”が公開された当時は、韓国メディアもそのヒップラインの美しさを絶賛していた。

(参考記事:ラスベガスでも熱視線を浴びたマッスル美女イ・フィジンのビキニ姿

また、『マッスルマニア』直前には、食事管理を徹底したという。

「出場者の方々は、身体を絞るために食事の量や品目を減らすことに苦労すると聞きますが、私は逆で。舞踊のために細いスタイルを維持するのに慣れていたので、鶏むね肉などたんぱく質をたくさん摂らなければいけなかったのが大変でした。ガムシャラに食べていましたね(笑)」

体作りにおいてストレッチも大切

細身の彼女が、鶏のむね肉をひたすら食べている姿を想像しただけで思わず吹き出しそうになってしまったが、興味深かったのは、イ・フィジンがその体作りにおいて最も重視したことだ。