キム・ヨナにも勝った!! “メガネ先輩”と韓国カーリング娘たちはその後どうしているのか?

Pocket
LINEで送る

(写真提供=SPORTS KOREA)女子カーリング韓国代表
平昌五輪の閉幕から1カ月が経ったが、今でも何かと話題になるカーリング人気。

例えば、3月21日に日本の女子カーリング史上初めて銅メダルを獲得した「ロコ・ソラーレ北見」が地元の北海道北見市で行った街頭パレードには、約1万2000人が詰めかけたという。

また、3月17日から25日までカナダで行われたカーリング世界選手権の際も、日本女子代表として出場した「チーム富士急」の試合結果が連日メディアで報じられていた。

「そだねー」商標出願騒動なども併せて、日本では依然として「カーリング」がホットキーワードであるが、韓国でもカーリング人気は続いている。

ロボット掃除機のCMに出演

平昌五輪の準決勝で日本を破って銀メダルを獲得した女子韓国代表は、世界選手権でもメディアに追いかけられていたし(結果的には5位で終わった)、最近はテレビ番組や各企業のCMのオファーも殺到している。