文定大妃とは誰なのか? 『オクニョ 運命の女(ひと)』の鍵を握る“悪女”の実像とは

Pocket
LINEで送る

中宗の二番目の王妃が産んだ長男が、後に12代王になる仁宗(インジョン)だ。しかし、その王妃は産後すぐに亡くなってしまう。

そこで、中宗は再婚して文定王后が仁宗の継母になったのである。

文定王后は最初こそ仁宗を可愛がっていたのだが、自分も中宗の息子を出産することになった。つまり、文定王后がお腹を痛めて産んだ子を王にしたいと思った途端に、仁宗が邪魔になってきたのだ。

やがて、文定王后は仁宗の暗殺を狙い始めた。

(写真提供=SPORTS KOREA)『オクニョ』でチョン・ナンジョンを演じたパク・チュミ
その手先になったのが、『オクニョ 運命の女(ひと)』にも出てくる鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)である。

仁宗の毒殺疑惑

1544年に中宗が亡くなった後、仁宗が12代王として即位したが、わずか8カ月で世を去ってしまう。

実は、文定王后が仁宗に渡した餅に毒が盛られていたといわれている。朝鮮王朝27人の王のなかで、6人に毒殺疑惑があるのだが、仁宗が一番毒殺された可能性が高い。それほど、文定王后の罪は明らかなのだ。

(関連記事:一日5食、ほとんど歩かない、講義漬け…意外に過酷だった朝鮮王朝時代の“王の一日”

「朝鮮王朝実録」にも、無理に文定王后が仁宗を呼んで、餅を食べさせる場面が書かれてある。

その餅に毒が盛られていたとすれば、文定王后はなんと恐ろしい継母なのだろうか。

仁宗の死によって、文定王后は自分が産んだ息子を王に就けることに成功する。仁宗に子供がいなかったからだ。

こうして即位したのが13代王・明宗(ミョンジョン)である。

王族最長老の代理政治

1545年、仁宗(インジョン)が即位8カ月で亡くなったことで(文定王后に毒殺された可能性が高い)、文定王后の息子が新しい王になった。13代王の明宗(ミョンジョン)である。

明宗はまだ11歳という未成年だったので、王族最長老であった文定王后が代理で政治を行った。

そのとき、文定王后は何をしたのか。あるいは、何をしなかったのか。

自分の一族で利権を独占

文定王后が代理で政治を仕切っていたとき、朝鮮半島では長い凶作が続き、餓死する人が多かった。