「イケメン俳優」から「演技派」へ。チャン・グンソクの俳優人生第2章がスタート!!

Pocket
LINEで送る

(写真=SBS提供)

【ニュース提供=スポーツ・ソウル】「新たな“人生キャラクター”(人生一番のハマり役)を作りたい」との願望を表した俳優チャン・グンソクが、ドラマ『スイッチ 世界を変えろ』(SBS)で水・木曜ドラマの王座に上がった。

チャン・グンソクは演技に対する情熱を1人2役で噴出している。劇中でチャン・グンソク扮するサ・ドチャンとペク・ジュンスは全く違う性格のキャラクター。初回から多彩な演技で視聴者に強い印象を残した。

水・木曜ドラマの中で視聴率1位をマークし、良好な滑り出しとなった『スイッチ』。その中心にはチャン・グンソクがいる。

ハマり役となるか!? チャン・グンソクが新ドラマの制作発表会で作品への情熱と責任感を語る

華やかなビジュアルで日本はもちろん、アジアで独歩的な人気を誇っている彼は、その演技力がビジュアルと人気の影に隠れ、しっかり評価されてこなかったのが事実だ。しかし、『スイッチ』で圧倒的な存在感を放っており、「イケメン俳優」のイメージから脱却しようとしている。『テバク ~運命の瞬間(とき)~』以来、2年ぶりのドラマ出演となるが、期待以上の熱演を見せているのだ。

1人2役を務めながらドラマを引っ張ると同時に、面白さと緊張感をバランスよく醸し出している。入隊前の最後の作品になるため作品選びに慎重だったようだが、彼の努力と変身は視聴者とファンの期待に応えた。