現役女子大生の“マッスル美女”イ・フィジンが感じた韓国の「フィットネス・ブーム」とは

Pocket
LINEで送る

【前回】現役女子大生なのに“マッスル美女”。イ・フィジンの「しなやか美ボディ」がスゴい

韓国に、“フィットネス界のビーナス”と呼ばれる現役女子大生がいる。梨花(イファ)女子大学の舞踊科で学ぶイ・フィジンがその人だ。

昨年9月に行われた韓国最大のフィットネス&ボディビル大会『マッスルマニア』でフィットネス部門1位、コマーシャルモデル部門1位に輝いた彼女は、この受賞をきっかけにメディアでも取り上げられるようになった。

女子大生フィットネス・タレントの誕生だ。

(写真提供=(株)SPOMAX(MUSCLE MANIA KOREA))
フィットネス専門誌『MAXQ』2018年1月号に掲載された“ラスベガス・グラビア”も大きな話題を呼んだ。

(参考記事:【画像あり】ラスベガスでも熱視線を浴びたマッスル美女イ・フィジンのビキニ姿

ただ、数カ月前まで平凡な女子大生に過ぎなかった彼女が人気を呼んでいる背景に、韓国のフィットネス・ブームがあることは間違いないだろう。

というのも、韓国では近年、身体を鍛える女性が増えており、前出の『マッスルマニア』をはじめ肉体美を競う大会の数も、この10年で2倍以上に増えたといわれている。

日本の写真週刊誌でも取り上げられたチェ・ソルファをはじめ、女性たちのロールモデルとなるマッスル美女も続々と誕生しており、フィットネス人気に拍車をかけている。

(参考記事:写真20連発!! “大胆開脚”で視線をかっさらったチェ・ソルファの美セクシー始球式

こうした韓国の状況を、フィットネス界で大注目されるイ・フィジンはどう見ているのか。

SNSもファンが多数

そう問うと、イ・フィジンは「韓国社会の雰囲気が変わってきている気がします」と話した。