「できる限りの最善を尽くしたい」チャン・グンソクが母校の広告モデル収入1000万円を還元

Pocket
LINEで送る

(写真=Tree J company提供)

4月2日、俳優チャン・グンソクが母校の漢陽(ハニャン)大学に、同校の広告モデル活動で得た収益のうち1億ウォン(約1000万円)を寄付した。後輩たちの支援に率先し、母校に対する愛情を示したのである。

「イケメン俳優」から「演技派」へ。チャン・グンソクの俳優人生第2章がスタート!!

チャン・グンソクは在学当時も、12億ウォン(約1億2000万円)を奨学金として寄付し、世間の注目を集めた。さらに、数回にわたって後輩のための発展基金を寄付し、名誉の殿堂にも名前を連ねている。同校では「チャン・グンソク奨学金」が存在するほど、彼の母校に対する愛情は格別だ。

漢陽大学は、学校の発展に大きく貢献したチャン・グンソクを特別教授として委嘱。韓国で初めて開設された「慈善(Philanthropy)」教養科目に特別教授として招待された彼は、分かち合いと奉仕の実践経験を伝授、社会全体に寄付文化が広がっていくための授業を行ったこともある。