日本が消されてる…!東方神起のミュージックビデオで誤りを発見→修正するハプニングが発生

Pocket
LINEで送る

(写真=SMエンターテインメント提供)

人気K-POPグループ東方神起のミュージックビデオで誤りが発見され、一部修正するというハプニングが起きた。

東方神起は、ニューアルバム『New Chapter #1:The Chance of Love』の収録曲「平行線(Love Line)」のミュージックビデオを3日0時にYouTubeの公式チャンネルなどで公開。ところが、テレビ画面に地図が映るシーンで日本が消されていることが見つかり、ファンの間で話題騒然となった。

SMエンターテイメントは4月3日、東方神起公式ホームページにて「本日公開された『平行線(Love Line)』のミュージックビデオの中で、CGを使ったシーンに誤りがあることを発見、直ちに修正作業を依頼しました」と明らかにした。

続いて「今回の誤りは、ミュージックビデオ製作会社の『ファンタジーラップ』によるCG編集問題と確認されました。こちらで事前確認できなかったせいで、不快感を与えてしまったすべての方々に心からお詫び申し上げます」と釈明した。新しいバージョンは同日午後4時ごろ公開される予定だ。

デビュー15年目のレジェンドの帰還。「東方神起」の存在感は今も相変わらず

以下は、SMエンターテインメントによる公式謝罪の全文。