有働由美子アナの現場主義や「アイドルからの転身」は…日本と似て異なる韓国の“女子アナ”事情

Pocket
LINEで送る

「女子アナウンサー」が何かとニュースになる今日この頃だ。

NHKの“顔”だった有働由美子アナウンサーが3月31日をもってNHKを退局していたことが明らかになったり、乃木坂46のメンバーだった市來玲奈がアナウンサーとして日本テレビに入社したりと、女子アナ関連のニュースが連日取り上げられていた。

それだけ“女子アナ”という言葉は引きが強く、関心を集めるのだろうが、それは韓国も同じだ。

韓国で女子アナといえば「品行方正のキャリアウーマン」とイメージが強く、かつてはセミショートの髪型でニュースや教養番組の進行を務めるのが主な仕事だったが、近年は日本同様にバラエティ番組やスポーツ番組を彩る女子アナが増え、個人ブログを開設する女子アナや、マニアが集まるファンサイトも増えている。

韓国でも女子アナのタレント化が進んでいるのだ。

もっとも、ガールズグループDal★Shabet(ダルシャーベット)のメンバーだったビキが、アイドル初のお天気キャスターになったことはあるが、アイドルから女子アナになるケースは聞いたことがない。

(写真=『JTBCニュース 9』)
(参考記事:アイドル、お天気お姉さん、ピンク映画主演女優と転身した、とある女性タレントの波瀾万丈人生

韓国の“美しすぎるニュースキャスター”とは

ただ、有働アナのような決断を下した人気女子アナはいる。