朴槿恵前大統領に懲役24年…彼女を引きずり下ろした“ろうそくデモ”をめぐる是非とは?

Pocket
LINEで送る

当時の様子は日本のテレビでも取り上げられていたが、かつての民主化デモを連想させるような荒々しさや悲壮感はなかった。

ネット上ではデモに参加した美女が話題になったり、文化公演が繰り広げられたりと、まさに国民的なイベントだった。

(参考記事:韓国のデモ現場で隠し撮りされた美女が、実はミス・コリアだった!!

それどころか、韓国の人気報道番組が「“ろうそくデモ”はノーベル賞を受賞できるか」と真剣に分析していたほどだ。

(参考記事:ノーベル賞を渇望する韓国にまさかの“次の一手”…受賞する可能性はどのくらい?

そんな“ろうそくデモ”が教科書に掲載されるということで、やはり韓国では大きな注目を集めている。

韓国メディアもこぞって報じており、「“ろうそくデモ”が来年、小学6年生の教科書に掲載される」(『マネートゥデイ』)、「小学6年生の教科書に“ろうそくデモ”が載る…パク・ジョンチョル、イ・ハンヨルも登場」(『中央日報』)、「来年小学6年生の社会教科書にろうそくデモ写真が載る模様」(『聨合ニュース』)といった具合だ。

反響も大きく、とある関連記事には8000件を超えるコメントが書き込まれていたほどである。最近、アメリカの教科書に韓国の歴史や文化が掲載されるというニュースもあったが、教科書の話題はやはり注目を集めるようだ。

(参考記事:アメリカの教科書に韓国の“歴史”や“文化”が掲載される…「日本が圧力をかけそう」との声も

意外にも慎重な意見が多数?

ただ、韓国市民たちの反応を知りたくてそのコメントに一通り目を通すと、肯定的な意見が多いだろうと思いきや、そうではなかった。