BTSが米フォーブス選定の“パワーセレブリティ”1位に。TWICE、柳賢振なども名を挙げる

Pocket
LINEで送る

(写真提供=Big Hit エンターテインメント)

【ニュース提供=スポーツ・ソウル】K-POPグループBTS(防弾少年団)が、米国経済誌『フォーブス』が選ぶ韓国のパワーセレブリティ40人の中で1位を記録した。

K-POP恐るべし!! 米ビルボード「ソーシャル50」をBTS、EXOら韓国アーティストが占領中

4月4日に発表されたリストの中で、防弾少年団は有数の韓国スターらを追い越して1位にランクイン。昨年「ビルボード・ミュージック・アワード」や「アメリカンミュージックアワード」などに参加して世界から人気を集めたのだが、今回の結果はそれを証明するものとなった。

2位には、デビューから1年も経っていない新人グループWanna Oneが名を挙げた。厚いファン層を元に人気を広げた彼らは、先月のニューアルバム・プロモーションで音楽番組7冠王を達成し、ますます人気を高めている。

続いてTWICE、EXO、IUがそれぞれ3〜5位を占めた。6位と7位にはソン・ヘギョソとソン・ジュンギ夫婦が選ばれ、フィギュア女王キム・ヨナ、野球選手の柳賢振(リュ・ヒョンジン)、サッカー選手ソン・フンミン、テニス選手鄭現(チョン・ヒョン)など人気アスリートも20位内に名を連ねている。現在兵役を務めているBIGBANGのG-DRAGONも40人の中に含まれた。

(構成=李 ハナ)