坂口健太郎の主演ドラマ『シグナル』だけじゃない!! 意外と多い日韓ドラマ・リメイク

Pocket
LINEで送る

4月10日夜からフジテレビ系列で始まったドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』。俳優の坂口健太郎がテレビドラマ初主演することで注目を集めているが、同作は韓国ドラマのリメイクである。

(写真提供=SPORTS KOREA)韓国版『シグナル』

韓国版の吉瀬美智子の役柄は“セクシー女優”の代名詞

韓国では2016年1月から3月までエンターテインメントチャンネル『tvN』で放映。ケーブルチャンネルながら最高視聴率12%を記録し、映画とテレビ番組の両方が対象になっている“韓国唯一の総合芸術大賞”である第52回百想(ペクサン)芸術大賞では、TV部門ドラマ作品賞を受賞した。

また、日本では吉瀬美智子と同じ役どころの女性刑事役を演じたキム・ヘスは、百想芸術大賞のTV部門の女子最優秀週演技賞に輝いている。

(写真提供=SPORTS KOREA)『シグナル』で女性刑事役を演じたキム・ヘス
“韓国のセクシー女優”の代名詞でありながら確かな演技力にも定評のあるキム・ヘスにとっては3年ぶりのドラマだったが、そのブランクも感じさせないほどの好演だった。

(参考記事:アンチはゼロ!? セクシー&ゴージャス女優、キム・ヘスの知られざる凄さとは

そんなヒット作が日本でリメイクされることになっただけに、「シンドロームを起こしたドラマ『シグナル』、日本でも通用するか」(『Ohmynews』)など、韓国メディアも注目している。日本版の主題歌をK-POPグループのBTS(防弾少年団)が歌うこともニュースになっている状態だ。

韓国でも日本ドラマのリメイクが増えている

もっとも、韓国ドラマが日本でリメイクされるのは今回が初めてではない。