坂口健太郎の主演ドラマ『シグナル』だけじゃない!! 意外と多い日韓ドラマ・リメイク

Pocket
LINEで送る

2007年に『ホテリアー』、2008年に『魔王』、2011年に『美男ですね』が日本でリメイクされているし、2016年夏には同じくフジテレビ系列の日曜ドラマ枠で『HOPE~期待ゼロの新入社員~』がリメイクされた。

坂口健太郎つながりでいえば、彼が昨年夏に出演したTBSの日曜ドラマ『ごめん、愛してる』も、もとは韓国のヒット作のリメイクだった。

また、韓国でも『星の金貨』『春の日』『LAIR GAME』『深夜食堂』など、日本ドラマが多数リメイクされている。

韓国版ドラマ『Mother』
昨年夏には『最後から二番目の恋』がリメイクされたし、今年1月には前出のtvNで、かつて日本テレビで放映されたドラマ『Mother』がリメイクされている。

(参考記事: 韓国でリメイクされた日本のドラマを一挙紹介。最近はあのドラマまで!?

韓国では5月に『リッチマン、プアウーマン』

今年5月9日からは、小栗旬と石原さとみが主演したドラマ『リッチマン、プアウーマン』のリメイク版が韓国のケーブルチャンネルであるMBNとDRAMXの2チャンネルで同時放映されることも決まっている。