『スラムダンク』は今でも人気で『キャプテン翼』は拒絶されたワケ

Pocket
LINEで送る

日本では1990年代に人気を博し、韓国でも翻訳版が出版されると人気爆発。韓国では1997年に男子プロバスケットボールリーグのKBLがスタートしているが、その背景には『スラムダンク』の影響もあったといわれている。

ただ、当時は日本文化の規制が厳しく、桜木花道や流川楓といったお馴染みの登場人物の名前も韓国風の名前に変えられていた。それに反発したマニアたちの意向を受けて、昨年は日本で発売されたものが忠実に再現された“オリジナル完全版”が発売されたというのだから、その人気は本物だ。韓国語で書かれた表紙も味があって面白く、意外な都市伝説もあるらしい。

(参考記事:桜木花道は「カン・ベクホ」!? 韓国でもバスケブームを巻き起こした『スラムダンク』のすごさ

野球漫画の一番人気はなぜか『H2』

この『スラムダンク』と並んで韓国の日本漫画マニアたちの間で長い人気を誇るのが、『H2』だというのも意外だ。