女子サッカー日韓戦。日本が警戒すべき韓国の“美女スター”と“知日派”たち

Pocket
LINEで送る

(写真提供=FA photos)イ・ミナ
今年2~3月にポルトガルで行われたアルガルベカップでは2ゴールを挙げており、韓国女子代表を率いるユン・ドクヨ監督も「(イ・ミナは)日本戦にかける覚悟が並外れている。十分にやってくれると信じている」と、名指しで期待をかけているほどだ。

これまで韓国女子サッカーのアイドルといえば、“韓国女子サッカー美貌担当”と称されるシム・ソヨンなどが有名だったが、イ・ミナは人気と実力の両方を兼ね備えているのだ。

しかも、イ・ミナは今季からなでしこリーグのINAC神戸でプレーしている。

日本代表にはINAC神戸から5人が選ばれており、4月7日のベトナム戦ではそのうち4人がスタメン出場したが、イ・ミナはINAC神戸のたちと日頃から一緒にプレーしているだけに、特性や対策も知り尽くしているとのが韓国メディアの見方だ。

(参考記事:【現地記者が明かす】INAC神戸に加入する韓国代表のビーナス!! イ・ミナの知られざるエピソード

もっとも、日本のことを知る韓国選手はイ・ミナだけではない。