身長2m以上の外国人選手はダメ!! 韓国プロバスケの理不尽すぎる新ルールとは?

Pocket
LINEで送る

韓国プロバスケットリーグ(KBL)に衝撃の新ルールが作られた。なんと2018-2019シーズンから、外国人選手の身長を200cm以下に制限するというのだ。

身長2mの選手は出場できない

KBLは2015-2016シーズンから、外国人選手2人のうち1人は193cm以下という制限を実施していたが、今回はさらに規定を厳格化したことになる。来季からはひとりは186cm以下、もうひとりは200cm以下とするという。

つまり、今後、2mを超える長身外国人選手は、KBLのコートに立てない。

『朝鮮日報』は「チーム内の主軸外国人選手が身長制限規定の誤差範囲にかかった球団は、短期間に背を縮める方法を探すべく、頭を悩ませている」と伝えていたが、その気持ちも理解できるだろう。

(写真提供=SPORTS KOREA)安養KGC人参公社のデビッド・サイモン
現実として、身長が200cm以上の原州DBのロッド・ベンソン(206.7cm)、安養KGC人参公社のデビッド・サイモン(203cm)など4人の外国人選手が来季から韓国のコートに立つことができなくなったのだ。

韓国バスケの外国人選手問題としては、“血統問題”に揺れたチェリー・リー事件が思い出されるが、今回ばかりは彼らになんの罪もない。

(参考記事:韓国の女子バスケットボール界が“血統詐欺”に揺れたチェリー・リー事件

外国人選手にばかり不条理が

昨季KBLの得点王だったデビッド・サイモンは、韓国メディアにこう話している。