NHK放送中の『オクニョ』を作った巨匠イ・ビョンフン監督、その独特すぎる“制作スタイル”とは

Pocket
LINEで送る

歴史上の人物を取り上げていくと、どうしても様々な事件が起こって重苦しい雰囲気になるものだが、それを和らげるのが庶民的な脇役たちのコミカルな演技である。

このあたりの味付けもイ・ビョンフン監督はうまい。

彼は、視聴者が何を求めているかを知り抜いている。

巨匠でありながら独りよがりにならずに、大衆の求めるストーリーを面白く作っていく。そこが傑出しているのがイ・ビョンフン監督なのである。

(文=康 熙奉/カン・ヒボン)

初出:ロコレ