『キャプ翼』を凌ぐ人気を誇った『蹴球王シュットリ』。しかし、実はその原作は・・・!!

Pocket
LINEで送る

日本でロングランヒットを誇り、世界各地でも大ヒットしたサッカー漫画の金字塔『キャプテン翼』。韓国でも『ナルアラ(翔べ)、キャプテン』というタイトルで、1996~1998年にソウル文化社から翻訳出版されているが、大ヒットすることはなかった。

(人気記事:『スラムダンク』は今でも人気で『キャプテン翼』は拒絶されたワケ

その理由はさまざまなだが、『キャプテン翼』が翻訳出版された時代に強力なライバルが存在したこととも無関係ではないだろう。

そのライバルとは『蹴球王シュットリ』である。1993年から韓国のテレビ放送局SBSで放送されたアニメ番組で、当時は1994年アメリカW杯のアジア予選最中だったこともあって高視聴率を誇った。

同作に影響を受けてサッカーを始めたというKリーガーも多い。サッカー好きで知られるアイドル、BEASTのユン・ドゥジュンも「シュットリを見て育った」と公言するほど。まさに韓国の『キャプ翼』なのだ。

ストーリーはこうだ。