オクニョが生まれ育った「典獄署(チョノクソ)」とは、一体どんなところなのか

Pocket
LINEで送る

ドラマの中でチン・セヨンが演じたオクニョは、典獄署(チョノクソ)で生まれて育ったことになっていた。

それだけに典獄署は、『オクニョ 運命の女(ひと)』でとても重要な舞台であった。この典獄署とは、はたして何であろうか。

(関連記事:久しぶりにNHK総合で韓国時代劇!! 『オクニョ 運命の女(ひと)』に期待せざるを得ないワケ

(写真提供=SPORTS KOREA)『オクニョ 運命の女(ひと)』

典獄署(チョノクソ)は刑曹に所属していた

朝鮮王朝時代に、行政の最高機関のことを「議政府(ウィジョンブ)」といったが、この議政府には6つの官庁があった。これを六曹(ユクチョ)と呼んだ。

六曹の1つが刑曹(ヒョンジョ)であり、法務全般から刑罰までを仕切る官庁だった。この刑曹に所属する役所の1つが典獄署だ。

それでは、典獄署では何をしていたのか。

罪を犯した囚人たちを拘束すると同時に、裁判によって決まった刑を執行する役目を負っていたのである。

実務のトップは主簿(チュブ)

現代に置き換えれば、典獄署は刑務所と同じである。