韓国で翻訳された数々の日本サッカー漫画。最近、人気なのは…。

Pocket
LINEで送る

movie_image (1)
日本の漫画の市場占有率が全体の3割を占めるといわれる韓国。古くは『ドラえもん』に始まり、最近では『ONE PIECE』『NARUTO -ナルト-』『進撃の巨人』など、さまざまなジャンルの日本漫画が翻訳出版されているが、そのなかには当然、サッカー漫画も多い。

1996~1998年には日本で有名な『キャプテン翼』も翻訳出版されているし、1991年10月から1992年9月までテレビ東京系列で放映された『燃えろ!ストライカー』は、『蹴球王シユットリ』とタイトルを変えて1993年に韓国で放映され、爆発的なヒットを呼んだ。

そのほかにもアニメでは、2002年ワールドカップ共同開催を記念して日韓合作で作られた『友情のグラウンド』『サンダーイレブン』と名を変えて劇場版映画も公開された『イナズマイレブン』など枚挙に暇がないほどだ。

最近は『エリアの騎士』もしっかり翻訳されている

コミックでも韓国で翻訳出版されている日本のサッカー漫画は多い。順に紹介していこう。